夏 ココナッツオイル 焼ける 

MENU

その真実はいかに…・?


良い意味で、何かと話題の絶えないココナッツオイル。
ココナッツオイルを愛用するのは海外セレブや美容タレントといった特定の層だけではなくなってきていますね。
日本では老若男女が優秀なココナッツオイルを普段の生活に取り入れています。

 

ココナッツオイルの凄さをさらに詳しく知るために、
今回はココナツオイルと美肌の関連性について調査した結果をまとめてみました。

 

ココナッツオイル=美肌効果は常識だけど・・・

 

ココナッツオイルをそのまま飲む、
または、ココナッツオイルをスキンケアグッズにプラスすることで、皮膚に直接塗布して美肌効果を得るといった美容方法は今や常識となっています。

 

でもここでふとした疑問が生じますよね。

 

サンオイルがあるように、ココナッツオイルも“オイル”の仲間である以上、
美肌づくりを目的として肌に塗ったりそのまま飲んでしまったら、日焼けしてしまうのではないかという疑問です。

 

ココナッツオイルは焼けない?


その疑問の答えとして、結論から言えば、
ココナッツオイルの影響だけでは日焼けになんら問題ありません。

 

ある調査によれば、逆にココナッツオイルには20%も紫外線をカットできる効果もあるとされています。

 

つまり、ココナッツオイルを日焼け予防として使用することも不可能ではないということになります。

 

ココナッツオイルで焼けない理由


ココナッツオイルはどうして紫外線に強いのでしょうか。
それは、ココナッツオイルが育つ環境にありました。

 

ココナッツオイルは、そのほとんどが紫外線の強い地域で昔から栽培されています。

 

そのため自然に“紫外線に強い”という特質を身に付けているおり、
そこから抽出されたオイルも紫外線カットしやすい成分となった、と考えられています。

 

注意点

 

ただし、ココナッツオイルを紫外線防止として使用するには注意点が2つあります。

 

ヴァージンココナッツオイルを使用すること

精製されたものは、ヴァージンココナッツオイルに特有の紫外線カット力が少なくなっているようです。
日焼け防止として使用するなら、ヴァージンココナッツオイルに限定した方が良いでしょう。

 

ココナッツオイルだけを重視しない

一般の日焼け止めも同じように、日中ずっと外にいればどんな対策をしていても焼けてしまいます。
ココナッツオイルに頼り過ぎてしまい紫外線に当たる時間が伸びると、やはり焼けてしまうので注意しましょう。

 

⇒ 日焼け止めにも使用できる!万能なヴァージンココナッツオイルのランキングはこちら♪